産後の骨盤矯正について

出産による骨盤のゆがみ

妊娠をすると、赤ちゃんが成長するとともに少しずつ骨盤は開いていきます。赤ちゃんが産道を安全に通れるようにするためです。出産時の骨盤は最大まで開いた状態だといわれています。男性より女性の骨盤は横に幅広く、位置も低めになっています。それがさらに骨盤が開いていくので、腰の周辺は大きくなります。お腹の中で赤ちゃんが元気に動きだすと、より骨盤に負担がかかりゆがみなどを引き起こします。出産時、高齢だったり、子供が大きかったりすると、より骨盤にも負担がかかりゆがみや痛みもひどくなります。すると、産後骨盤が元に戻るのに期間がかかります。骨盤が閉じるまでに産後一週間~10日くらいです。出産後、女性ホルモンの分泌が活発になり、骨盤を支えている靭帯がゆるむため、骨盤がゆがみやすくなります。その期間中に骨盤が正常に戻るための骨盤体操などをすることが大切です。その期間中にだらけた姿勢でいると骨盤が正常に戻らず、何年も開いた状態でいると骨盤にゆがみが起こり、体全体にさまざまな影響を及ぼします。...

出産による骨盤のゆがみで起こる症状

出産後、正常に骨盤が戻らずゆがんだ状態で固まってしまうと次のような症状を引き起こします。骨盤がゆがむと新陳代謝も悪くなるため、太りやすくなります。お腹周辺や下半身を中心に脂肪をつきやすくなります。このような体形の変化を感じている人の多くは、出産経験のある人です。そして、骨盤のゆがみよって脚にも影響し、O脚やX脚を引き起こす可能性もあります。また、リンパや血液の流れも悪くなるため、むくみが現れることもあります。 骨盤を正常に戻すことも大切ですが、さらに出産後は赤ちゃんを抱っこしたり、かかんでお世話をすることも多いので、 腰へ大きな負担がかかります。そのため、腰痛になることもあります。 骨盤のゆがみから起こる症状は、他にもさまざまな症状があり、「骨盤周辺の筋肉の衰え」それによる「尿漏れ」、出産後は精神的な部分にも影響し「ストレスに弱くなる」「イライラしやすい」「落ち込みやすい」などの症状があります。 ...

出産後の骨盤矯正

出産後は、骨盤が正常に戻るように、昔から骨盤あたりにさらしやコルセットを巻いて骨盤を安定させるとよいとされてきました。通常の自然分娩で出産した場合、さらしやコルセットを骨盤がおおよそ安定する時期まで巻くことが大切です。 その時期は出産後1~2か月くらいで骨盤がおおよそ安定すると思います。そして、骨盤内の炎症などもある場合もあるので、自然に骨盤が戻り安定するとされる出産後半年くらいまで待つことをおすすめします。また、その期間中は、骨盤を正常に戻すための骨盤体操などをすることも大切です。 しかし、この時期にきちんと骨盤を安定させるためのものをしてなかった場合や、難産、帝王切開、骨盤内の炎症が多い場合などは、骨盤の戻りは悪くなります。 その場合は、1~2か月経って「腰痛がひどい」「体調不良」などの症状がみられるときは、骨盤のゆがみが起こっている可能性があるので、整体などで骨盤のゆがみを診てもらい、治すことも必要です。 ...

骨盤矯正をおすすめしたい産後場合

出産後に次のような症状がある人に、骨盤矯正をおすすめします。①出産後体重が10キロ以上太ってしまい、体重が戻らない人②妊娠前のジーンズなどのズボンが履けない人③ウエストや腰回りに脂肪がついた人④ボディラインが崩れた人⑤出産後、骨盤に安定感がない人⑥帝王切開で出産し骨盤に変な感じがする人⑦膝や恥骨に痛みがある人⑧肩こり、腰痛、背中が痛いなどの症状ある人⑨尾骨があたって痛いのか仰向けで寝られない人⑩横座りすると右の足の付け根に痛みがある人⑪妊娠後期から坐骨神経痛が起き、出産後さらに悪化し痛みがある人などにおすすめです。 このような症状がある人は、骨盤の戻りが悪く、骨盤のゆがみが起こっている可能性があります。骨盤矯正の方法もさまざまです。自宅で行う骨盤体操や整体などで施術をしてもらう方法などです。ここにあげた以外にもさまざまな症状を引き起こすことがありますので、以前よりなんとなく違うという感じがあるときは、一度、整体などで骨盤のゆがみをチェックしてもらうことをおすすめします。 ...

産後骨盤体操

出産後は、骨盤の下あたりにある「骨盤底筋群」が緩むことが多いです。そして、「尿道括約筋」の筋力も低下します。 そのため、「尿漏れ」しやすくなります。その状態をそのままにしているのではなく、骨盤底筋群を鍛える体操をすることで改善できます。「骨盤底筋群」は、骨盤内の臓器「腸、子宮、膀胱」などを下から支えて、尿道や膣、肛門の開閉する筋肉です。では産後の骨盤体操のやり方を紹介します。①基本姿勢は仰向けに寝て行います。②おならを止める感じにギュッと肛門を閉じます。③肛門の収縮が終わったら同じように締める感じに尿道と膣も行います。どの動作も5~10秒間ギュッとした状態をキープします。 1日に数回行い、2~3か月間続けます。注意する点は、ギュッとした時にお腹や足、腰に力が入らないようにすることです。 他の姿勢では、「イスに座った状態で足を軽く開き、②③を行います。」「肩幅に足を開き、テーブルに両手をつき上半身に体重をかけて②③を行います。」「電車などの吊革につかまり②③を行います。」などあります。 ...

サイトMENU

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2009 産後の骨盤矯正について. All Rights Reserved.